ブログ~和スタッフからのNEWS~

光竹会バンド「BG11」~コンサートINデイサービス和~

2015.06.14 職員紹介




デイサービス和が属する医療法人光竹会の音楽好きな職員が集結して

このたび、「BG11」(ビージーイレブン)というバンドが結成されました

BGの意味は諸説あって、ボーイズ&ガールズと訳せますし

婆さん爺さんとも訳せるわけですが、

その本当の意味は未だはっきりしていない状態なので

ここでは詳しい話は控えておきます

次に「11」というのはバンドを構成する人数をあらわしています

上は60代から下は10代まで、

あらゆる世代で構成されているのがBG11の特徴ともいえます

ちなみにメンバーの呼び名は年を食っている順からBG1に始まり

一番若いメンバーBG11で終わります

ちなみに私もギターでBG11に加わらせていただき

年齢が上から4番目なのでBG4と名付けられました



さて本日は待ちに待ったBG11の初めてのコンサートが

デイサービスセンター和でおこなわれました

坂本九さんの「上を向いて歩こう」に始まり「青い山脈」「母さんの歌」「ふるさと」

「鐘の鳴る丘(とんがり帽子)」「瀬戸の花嫁」「いい日旅立ち」「手のひらを太陽に」

と全8曲を披露させていただいたのですが

予想以上の出来であったのではないのでしょうか?

演奏内容をここで紹介できないのは残念ですが

写真を少々、撮っていましたので

ここに紹介します

ちなみに私はギターを弾きながら写真を撮っていたので

まったく写っていません

残念です





どうでしたか?

けっこう盛り上がっているでしょう

それでは次にBG11のメンバーを紹介します

まずはBG1の統括部長

BG11の総合プロデューサーを担当し

「ふるさと」ではハーモニカを担当しました

BG11の名付け親でもあります



BG2は住宅型有料老人ホーム「グランドG-1」の看護師長です

ピアノを担当しました

仕事はもちろんピアノにおいても右に出るものはいないくらい

あっぱれな演奏を披露していました



BG3はグランドG-1デイサービスの介護士さんです

タンバリンを担当しました

「母さんの歌」では素敵な歌声を披露しています



BG4はデイサービス和に属している私なのですが

写真がどこにもありません ちなみに担当はギターでした


BG5はべースを担当しました

ベースに関しては

光竹会の職員の中にベースが弾けるものがおらず、

どうしようかといったところ

ごう脳神経外科クリニックと取引のある製薬会社の職員の方が

ベースができるといったことで

わざわざBG11に加入してくださりました

なかなかの腕前でした



BG6は住宅型有料老人ホーム「グランドG-1」のホールリーダーを務めるMさんです

若いころからバンドを組んでいたそうで

BG11の結成にあたって統括部長とともに

多大な尽力を注いでくれました



BG7はグランドG-1デイサービスの介護士さんです

担当はカホンといった南米ペルー発祥の打楽器で

時にはハンドベルを演奏したり、

歌に合わせて手話を披露したり

マルチな活躍を見せてくれました



BG8は我らがデイサービス和の漫画家・カトリーヌさやか先生が

ボーカルを担当しました

大口あけて、大熱唱です

素敵な歯並びですね



BG9はグランドGー1デイサービスの生活相談員が

ギターを担当しました

「母さんの歌」では甘い声でギターの弾き語りもおこないました



BG10はグランドG-1デイサービスのセラピストが

木琴を担当しました

「上を向いて歩こう」では特に木琴が不可欠で

なかなか良い味を出していたと思います

下のポスターに登場する7人のBG10は

木琴が奏でる7色の音色をイメージしています



BG11はBG7のお子さんです

お母さんと一緒に、手話をおこなったりハンドベルを担当しました

夜遅くまでの練習、ご苦労様でした



けっこうな構成でしょう!

もちろん利用者様たちはかのように感無量ってな感じで

BG11の演奏に聴きほれていました



BG11の次回のコンサートは

8月上旬に予定しているデイサービス和の夏祭りで行う予定です

楽しみにお待ちください!






ブログトップへ

カテゴリ
アーカイブ