HOME > お知らせ

お知らせ

  • 2015.03.14

第一回お茶会開催~茶の湯とは心で伝え、目に伝え~

いよいよ始まりました!

グランドG-1のお茶の会!                 


エントランスホールにある茶室を使用して

入居者の皆さまにお茶をたしなんでいただこうというのが

今回の主旨となっています



主催は昨年まで、ごう脳神経外科の栄養士であったBさん、

表千家の茶道家でもあります

茶道家といえば、

どこかしら人を寄せ付けない凛とした厳しさを

持ち合わせているようなイメージを

抱いてしまいがちですが

Bさんに関していえば、

下の写真でもおわかりのように

優しさあふれる素敵な笑顔が特徴的です

私事で申し訳ないのですが

私が健康診断にひっかかるたびに

いつも優しく食事療法のご指南を

享受してくださっていたのを思い出します

また法人内のサークル「エイサークラブ」にも所属しておられ

ボランティア
としてグランドG-1にも

よく踊りに来られていました



そんなBさんが、今回は茶道家として登場されます

招待された入居者の皆さまも期待に胸ワクワク!

中には昔、お茶をたしなまれていた方も

たくさんおられるとのことです!



色鮮やかなお茶が点てられました



それを皆さま、作法にのっとって

お飲みになられます

むむ、この手つきは素人ではありませんね!




茶の湯とは心に伝え、目に伝え、

耳に伝えて、一筆もなしと言われていますが


これは千利休の孫の千宗旦という人の言葉です



直訳すると、茶の湯とは心で覚え

目や耳で覚えるもので、書いて覚えるものではない

といったことなのですが

茶の湯には、そもそも教科書といったものが存在していません


すべては見習うことを出発点とし

その形にのっとって主と客が礼をつくし

心と心を通い合わせる、

要は以心伝心とでもいうのでしょうか、

茶の湯とは、その修業の場とも、とらえることができるのです




茶の湯には、言葉はいりません


あるのは、心と心のふれあいだけです



悲しみに出会うたび

あの人を思い出す~




こんな時、そばにいて

肩を抱いてほしいと…



今回も、30歳にして未だ青春迷子のカトリーヌさやか先生が

お茶会の為に、得意の漫画を寄稿してくださいました



  • お知らせ一覧へ戻る

施設のご案内

住宅型有料老人ホーム
グランド G-1
〒811-1254
福岡県筑紫郡那珂川町道善1-121
【入居相談・お問い合わせ】
リハビリテーション科
お問い合わせフォーム

施設案内 パノラマ映像

光竹会グループ
医療法人 光竹会
介護事業
デイサービスセンター
ヘルパーステーション
デイケアセンター錬
デイサービスセンター和
医療事業
ごう脳神経外科クリニック
大橋 ごう脳神経外科・神経内科クリニック
平尾ごう脳神経外科クリニック

このページのTOPへ